審査・採点基準

 ギター界に限らず広く一般に理解、愛されるギター合奏を理想とする当コンクールの審査基準は、使用楽器、編成等による審査の偏りはなく次の4つの基準によって審査をするものとする。

音楽の三要素(リズム・メロディー・ハーモニー)をバランス良く構成し、合奏の基本が出来ているか。
曲の歴史的背景や作曲者の意図を良く考えた演奏表現であるか。
ギターという楽器の魅力を生かした演奏であるか。
今までのギター合奏を越え、新たな基準となるような素晴らしい点(選曲、技術、表現など)があるか。

 採点は審査員が各々の基準により各団体を100点満点で採点し、1位から最下位までの順位をつけ(例えば2位が90点の同点で2団体の場合、次の89点の団体は4位となる)その順位がそのままその団体の持ち点となる。
 それを団体ごとに審査員全員分集計し、一番持ち点が少ない団体が自動的に1位(最優秀賞)となる。
 但し、審査員特別賞は得点順とは限らず、審査員全員の合議により決定し審査結果発表時にその理由も説明する。(審査員特別賞の受賞に拘らずコンクールの1位は総合的に一番素晴らしい演奏であると認められた団体である。)

本選審査員(2020年度。50音順、敬称略) ※2021年度は未定

有馬 礼子
東京音楽大学名誉教授、日本音楽著作権協会正会員、日本ウエストミンスター株式会社代表取締役会長

東京藝術大学音楽学部作曲科卒、下総皖一氏、伊福部昭氏に師事。
主として民俗音楽の研究。
1965~1968年コロムビアディレクター。
1951~2004年東京音楽大学勤務、現在東京音楽大学名誉教授。
(社)日本音楽著作権協会評議員、(社)日本作曲家協議会理事、(社)日本童謡協会会員。
猿谷 紀郎
作曲家、大阪教育大学音楽教育講座准教授

慶応義塾大学法学部法律学科及びニューヨークのジュリアード音楽院作曲科卒業。
現在、国立大学法人・大阪教育大学音楽教育講座准教授。
これまでに、クーセヴィツキ音楽財団・フェローシップ賞(1988年)、ミュンヘン・ビエンナーレ・BMWミュージックシアター賞、第3回芥川作曲賞、第3回出光音楽賞、第43回尾高賞、第58回芸術祭大賞および優秀賞。第4回佐治敬三賞,第54回尾高賞、第62回尾高賞等を受賞。
2009年~2015年、NHK-FM「現代の音楽」のパーソナリティを務める。
竹内 淳
作曲家、編曲家

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。
現在、カワイ音楽教室の研究部門で執筆活動を行う。
「青の韻律」(日本音楽集団からの委嘱)、「Surge 1」・「Surge 2」(全国学校ギター合奏コンクール課題曲の委嘱作品‐現代ギター掲載)、アルバム・アレンジ(宮本文昭「ニペンシィ」、「ソウル・ブルー」、「シネマ・アモーレ」、「ジャポネスク」、「オマージュ・オ・ブルー」、高橋美智子「鳥の歌」、矢部達哉「ディア・モリコーネ」、yumi「天使の宝石箱」、カノン「Precious」)、 TVアニメーション 「金色のコルダ」コンサート のクラシック音楽アレンジなど多数。
鈴木 大介
ギタリスト

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトを含む膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術によって常に注目を集める 。
 マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。
近年はジャズやタンゴのアーティストたちとのデュオでの演奏活動や、自作品によるライヴ演奏も行い、また多くの名曲のアレンジは録音やコンサート共に好評で、様々なギタリストに提供し演奏されている。
 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。
 これまでに30作以上ものCDを発表し、いずれも高い評価を得ている。最近作はギターとシューベルトに光をあて、「楽興の時」や「セレナーデ」など有名歌曲の編曲と、マヌエル・ポンセがシューベルトに捧げた「ソナタ・ロマンティカ」を収録した『シューベルト を讃えて』。